Fit & Health Company


お知らせ

on  

◆ 「健康コラム」は、別メニューとなりました。

  こちら→

◆ お知らせは、こちら→

◆ インスタグラムをはじめました。 
  こちら→

新しい投稿記事は↓にあります。

スポンサーサイト



今年も体操で元気に過ごしましょう

on   2 

新年明けましておめでとうございます。

2022年の新年、どうお過ごしですか?私は、元旦の朝に家族と一緒に氏神様に初詣に行ってきました。家族の健康と体操教室でみなさんと楽しく過ごせるようにお願いしてきました。

初詣

この冬は、日本海側では大雪が降り生活に不便をされている方も多いですね。太平洋側でも雪がちらつく寒い冬になっています。
昨年秋からやっとみなさんと体操を再開することができホッとしていますが、この2年ほどのコロナ禍の中で体を動かす機会が少なくなったのではないでしょうか?自分だけでなく、家族の健康も気になる季節です。

この時期は、年末年始のお疲れが出やすくなります。そして、寒さによる体温の低下と低い湿度での乾燥のせいで体調不良が起こりやすくなります。風邪などのウイルスは、低い湿度と乾燥が大好きです。そんな過酷な冬を元気に乗り切りましょう。

春

冬の健康力を高める為には「免疫力」と「代謝」がキーポイントです。
免疫力のポイントが体温です。
低体温だと免疫細胞の働きが低下するとされています。平熱で36度台の後半くらいが理想的ですが、冬は寒いので体温が低くなりがちになります。体温を上げるために必要なのが代謝アップです。
代謝アップのポイントは、体内のスムーズな働きを保つ栄養素などを摂ることと血流をよくする事です。

運動や食事など日常の工夫で免疫力と代謝を高めましょう。
お勧めの運動をF&Hの体操指導でも行っています、また新しいテキストでも「正しい呼吸」(P34~36)のページでご紹介していますので参考になさってください。
教室とご自宅での体操を続けて今年も元気に過ごしましょう。

 (by 樋口)

今年もありがとうございました。

on   4 

川﨑担当教室、今年最後の教室が終了いたしました。

何かと忙しい年の瀬、首コリや肩こりに対応するツボの中の天柱・肩井・合谷をご紹介しました。
ペアでは内筋をお互い強さ確認をして踏みました。
20211222184335b77.jpeg

横向きになってゆっくり腕の重さで腕を回します。重力から解放されて気持ちよく筋肉がほぐれていきます。

20211222184336146.jpeg

リセットした後はしっかり筋肉を動かして、最後にストレッチ。

今年もあっという間の一年でコロナ禍の中、時には立ち止まり教室皆さんと共に前に進めたことに感謝いたします。ありがとうございました。来年も元気いっぱい皆さんの健康づくりのためにサポートさせていただきます。どうぞよろしくお願い致します。

教室お休み中も体のお手入れお忘れなく、素敵なクリスマスと良いお年をお迎えください。

(by 川﨑)


私たちのテキスト

on   0  0

   
今年も余日わずかになりましたね。

お手元にテキストは渡りましたか?

テキスト正しい姿勢

昨年来から製作していたテキストを、この秋にようやくお渡しできることとなりました。

テキスト正しい呼吸


いくつかのカテゴリーに分かれていますが、まずは「正しい姿勢」。
そして「正しい呼吸」。

テキスト筋肉の状態を整える

「自律神経を整える」「正常なリンパ還流」についても載せています。

「筋肉の状態を整える」では、筋肉のしくみや役割などの基礎知識に加えて、腰痛の改善や肩こりの改善なども入っていますので、一緒に実践していきましょう。

テキスト骨盤底筋トレーニング

「骨盤底筋トレーニング」では、インナーユニットが強化され、尿トラブルなどの他に姿勢の改善や腰痛の改善なども期待できます。

平均寿命が今年の統計でも、男女ともに過去最高を続伸しています。
脳のトレーニングを行って脳の活性化を促す「脳のトレーニング」も紹介しています。

テキスト貯筋運動

こちらは公益財団法人 健康・体力づくり事業財団が薦める「貯筋運動」。
健康運動指導士「貯筋運動養成コース」を修了した指導者の元、楽しく筋肉づくりを行います。

「経絡・ツボの応用」で東洋医学の知識も入り、健康づくりには欠かせない1冊に仕上がっています。

さあ来年も、平均寿命と共に健康寿命を1年でも長く延ばし、人生を楽しむために健康づくりをしていきましょう!

(by 花田)

味噌は冷え改善のパワーフード

on   3 

師走に入り、今年もあと1カ月。慌ただしくなってきましたね。今年は寒い冬になるとか…寒さに負けず元気に過ごしたいですね。
先日、お味噌を仕込みました!





和食に欠かせない味噌は冷えの人にとってパワーフードと呼べる存在!
筋肉や血液をつくるのに必要なたんぱく質をはじめ
ビタミンやミネラルが豊富に含まれ、
また、味噌をつくるうえで、材料となる麹菌や酵母による腸内環境改善も期待できます。


そんな味噌はさまざまな食材と相性が良いので、味噌汁のほか、味噌煮や味噌焼きなど、調理方法を変えて食事を楽しむことができます。


一緒にとる食材も、血行を促したり、身体を温める効果があるものを選ぶと、更にパワーアップ⤴️


これからの寒い季節に、あったかい味噌料理を楽しみたいですね。
でも、こちらの味噌は来年の夏に天地返しをして、冬に食べられます。これからじっくりと見守っていきたいと思います。「美味しくな~れ!」
(by 川村)